すば沖縄そば情報ポータルサイト

沖縄そばとソーキそばの違いとは?

いろいろな種類が楽しめる沖縄そば

沖縄そばとソーキそばの違いとは?
そういった質問をよく聞きます。

一言で説明すると、沖縄そばは三枚肉がトッピングされたもの、ソーキそばはスペアリブがトッピングされたものです。

もう少し詳しく説明すると、沖縄そばはスタンダードな沖縄そばで、三枚肉(甘辛く味付けした豚の角煮をスライスしたようなもの)をトッピングしたものを指します。
一方、ソーキそばは、三枚肉ではなく、同じく甘辛く味付けした骨付きソーキ(ソーキは沖縄方言でスペアリブの意味)をトッピングしたものを指します。

違いはそれだけで、スープや麺、その他のトッピングについては全く同じであることがほとんどです。

ちなみに、軟骨ソーキそば、てびちそばやゆし豆腐そば、そしてソーキそばも含めて、総じて「沖縄そば」とも呼びます。

さらに、沖縄そばと一言でいっても、トッピングやスープの違いによってさまざまな種類があります。
沖縄そばも、長い歴史の中で、地域性などからさまざまは変化を遂げてきました。沖縄そばをより楽しむために、代表的な沖縄そばをいくつか紹介します!

具材や味付けなどの違いによる沖縄そばの種類

ソーキそば

ソーキそばとは、豚のあばら骨の部分(スペアリブ)をトッピングした沖縄そばです。
味付けは濃い、薄いありますが、甘辛く煮込んであり、お箸で軽く骨から肉をほろほろとほぐせるほど、やわらかく煮込まれています。 基本的に「ソーキそば」とは「本ソーキそば」のことなのですが、軟骨ソーキと区別されるように「本ソーキそば」とメニューに記載あれてる場合もあります。 しっかりとした骨がついているので、食べた後の骨を入れる小皿がついていることがよくありますね。

軟骨ソーキそば

軟骨ソーキそばとは、コラーゲンたっぷりの軟骨付きの豚肉をトッピングした沖縄そばです。
味付けは本ソーキと同じです。骨がなく、軟骨と肉の部分なので、丸ごと食べきることができます。 浅く煮込んだコリコリの軟骨バージョンと、じっくり煮込まれたトロトロ軟骨バージョンがあります。

てびちそば

てびちそばとは、沖縄の郷土料理「あしてぃびち」をトッピングした沖縄そばです。
てびちはいわゆる「豚足」で、ソーキと同じ味付けでやわらかくなるまでじっくり煮込んだものです。 豚の皮から出るコラーゲンたっぷりで、美容にもよいといわれています。 沖縄人でもその見た目と特有のにおいから、好き嫌いが大きく分かれます。

ちなみに、厳密には「てびち」ではなく「ちまぐ」であることが多いようです。 「ちまぐ」とは豚足の足先のことで骨と皮が大半です。「てびち」は「ちまぐ」を含む足全体のことで、肉が含まれることもあるようです。

ゆし豆腐そば

ゆし豆腐そばとは、沖縄の郷土料理「ゆし豆腐」をトッピングした沖縄そばです。
ゆし豆腐は、豆乳ににがりを入れた状態から固めずに、そのままふわふわとやわらかい状態でいただきます。 本土でいうところの「おぼろ豆腐」「くみ豆腐」「よせ豆腐」によく似ています。 沖縄ではゆし豆腐単品も「ゆし豆腐」、みそ汁の具としていただく家庭料理も「ゆし豆腐」といいますが、ゆし豆腐そばはみそ味ではなく、沖縄そばに単品のゆし豆腐をのせたものを指します。
超あっさり!超ヘルシー!

あーさそば

あーさそばとは、海藻の「あおさ」をトッピングした沖縄そばです。
アツアツの沖縄そばの湯気と共に磯の香りが漂い、あっさりスープによく合います。 また、店舗によっては麺にあーさを練り込んでいるところもあり、さらに風味が増して味わい深くなります。

地域性による沖縄そばの特徴

八重山そば

石垣島や西表島を含む八重山諸島では、八重山そばが愛されています。
大きな特徴は丸く細く、縮れていないストレート麺です。
トッピングも、細切りにした豚肉とかまぼこが特徴です。ただ紅しょうがは使用しないのが一般的です。 スープはあっさりしていて、ほんのりとした甘みがあります。 また、沖縄そば屋さんでたまに見かけるテーブル上の香辛料「ビパーチ」は八重山そば文化由来のようです。

宮古そば

宮古そばの伝統的スタイルは豚肉やかまぼこなどの具を麺の下に隠します。そのため、写真のように麺の上にネギのみというシンプルな見た目です。
スープはあっさりで、麺はちぢれなしのストレート平麺です。 最近ではあまり見かけませんが、調味料にはなんと「カレー粉」。カレーうどんのような風味になるので、置いてあるお店では是非お試しください。

大東そば

大東そばは大東諸島で食されている手打麺の沖縄そばです。
ちぢれのある太麺はコシが強く、もちもちとして食べ応えがあります。 沖縄そばのサイドメニューといえば、いなりやじゅーしーですが、大東そばは大東寿司とセットで食べるのがおすすめ。マグロやカジキを特製のたれに漬け込んだ握り寿司は絶品です。 有名な大東そばですが、実は沖縄本島では那覇国際通り裏にある「大東ソバ」でしか味わうことができません。